AOSignサービス

ホーム
AOSignサービス
よくある質問
AOSignサービス電子証明書(ICカード)のメリットはなんですか?

よくある質問
AOSignサービスについて

Q1-BAOSignサービス電子証明書(ICカード)のメリットはなんですか?

多彩な利用用途
電子入札をはじめ電子申請・電子申告(e-Tax、eLTAX)・電子契約でご利用いただけます。
AOSignサービス電子証明書(ICカード)が対応しているシステムについてはこちら(利用可能なシステム)を参照ください。
選択できる有効期間
電子証明書には必ず有効期間があります。AOSignサービス電子証明書(ICカード)ではお客様のニーズに合わせ5種類の有効期間(1年+30日、2年+30日、3年+30日、4年+30日、5年)を販売しています。
電子入札対応プログラムの自動更新機能
電子入札対応プログラムのバージョンを定期的に確認し、最新のものをインストールする「NDNプログラム定期更新ツール」を公開しています。今後予想される、あらゆる環境変化に対し、即座に、かつ、簡単に対応ができます。
親切丁寧なヘルプデスク
電子入札の準備や、入札手続きを終えるまでに分からない事が出てきたら、気軽にフリーダイヤルのヘルプデスクまでお問い合わせください。
当社のヘルプデスクは、年間10万件以上の回答実績を誇っています。経験に裏付けられた豊富な知識、ノウハウを活かし、お客様の疑問にお答えします。
AOSignサービス電子証明書(ICカード)に関するお問い合わせについては、こちら(AOSignお問い合わせ)からお願いします。
電子証明書を失効した場合の代金返金制度
電子証明書は、紛失・盗難・破損した場合や、電子証明書記載事項(利用者情報、企業情報)に変更があった場合は、失効手続きを行っていただく必要があります。その際に失効するAOSignサービス電子証明書(ICカード)の残存有効期間に応じて代金の一部を返金いたします。

返金額計算式

返金額=ご購入時の料金×(残存有効期間/全有効期間)−手数料 7,000円

※100円未満は切り捨てです。
※有効期間は月単位で計算します。
※1,000円未満の場合は返金できません。

この他の特徴・メリットはこちらからご確認ください。

【関連事項】
利用可能なシステム(発注機関・団体)
定期更新ツール ダウンロード
失効申込手続