AOSignサービス

ホーム
AOSignサービス
よくある質問
利用者(ICカードの名義人)が転居する予定です。手続きを教えてください。

よくある質問
情報の変更について

Q14-B利用者(ICカードの名義人)が転居する予定です。手続きを教えてください。

電子証明書にご利用者自宅住所(ローマ字)が格納されている場合のみ、お手続きが必要となります。

※平成26年10月7日以前に発行した電子証明書、または申込時にご利用者自宅住所(ローマ字)届出書をご提出いただいた方の電子証明書へは格納されています。

この場合は、転居後に現在ご利用されているICカードの失効申込と新しいICカードの発行申込を行ってください。
なお、ご提出いただく利用者(ICカードの名義人)を確認する添付書類は転居後の住所が記載されているものが必要となります。
失効申込の詳細はこちら(失効申込手続き)、発行申込の詳細はこちら(新規・追加申込手続き)をご覧ください。

住民票の異動をしない転居(単身赴任の場合等)の場合は、ご利用者自宅住所(ローマ字)の格納有無に関わらず、転居された後もICカードはそのままご利用いただけます。

当社からのご連絡先を変更される場合は、こちら(お問い合わせ)までご連絡ください。

電子証明書を失効した場合の代金返金制度
失効申込を行っていただいた場合、失効するICカードの残存有効期間に応じて代金の一部をご返金します。
失効申込と発行申込を同時に行っていただいた場合、新しいICカードの発行料金から発生した返金額を差し引いてご請求します。

返金額計算式

返金額=ご購入時の料金×(残存有効期間/全有効期間)−手数料 7,000円

※100円未満は切り捨てです。
※有効期間は月単位で計算します。
※1,000円未満の場合は返金できません。