AOSignサービス

ホーム
AOSignサービス
よくある質問
利用者(ICカードの名義人)の住所が変わりました。手続きを教えてください。

よくある質問
情報の変更について

Q14-B利用者(ICカードの名義人)の住所が変わりました。手続きを教えてください。

電子証明書(ICカード)にご利用者自宅住所(ローマ字)が記載されている場合、記載内容を変更する必要があるかどうか、行政機関に確認してください。
電子証明書(ICカード)の記載内容を変更する必要がある場合は、住民票の住所変更後に新たに電子証明書(ICカード)の発行申込を行ってください。

  • ご利用者自宅住所(ローマ字)は、平成26年10月7日以前に発行した電子証明書、および平成26年10月8日以降に発行した電子証明書のうち申込時に利用者自宅住所(ローマ字)届出書をご提出いただいた方の電子証明書に記載されています。
  • 住所の変更には、転居を伴わなくても、市町村合併、区画整理、住居表示が実施された場合を含みます。
  • 単身赴任など住民票の住所変更を伴わない転居の場合は、ご利用者自宅住所(ローマ字)の格納有無に関わらず、転居された後も電子証明書(ICカード)はそのままご利用いただけます。

電子証明書(ICカード)の申込手続きにつきましては、こちらをご確認ください。
新規・追加申込手続き>>

また、現在所有されている電子証明書(ICカード)につきましては失効手続きが必要となりますので、こちらをご確認ください。
失効申込手続き>>


●失効手続きをするタイミングについて
電子証明書の記載内容に変更が生じた場合は、原則、速やかに失効申込または失効届出を行ってください。
弊社では、失効申込または失効届出を受付けた場合、速やかに電子証明書を失効します。
ただし、電子入札など、電子証明書を利用した取引が長期にわたる場合、行政機関等によってはすぐに電子証明書を失効させてはならないケースもあります。
弊社に失効申込または失効届出を提出する前に、お取引のある行政機関等に失効のタイミングについてご相談されることをお奨めします。