AOSignサービス

ホーム
AOSignサービス
よくある質問
ヘボン式ローマ字で記入する際、注意しなければならない事はありますか?

よくある質問
発行申込書類の記入について

Q18-1Bヘボン式ローマ字で記入する際、注意しなければならない事はありますか?

ヘボン式ローマ字には特有の表記方法がございます。特に以下の点にご注意ください。
その他、ヘボン式ローマ字の詳しい記入方法については利用者向け説明書をご覧ください。

長音 ; のばす音(「オウ」、「オオ」)は、省略します

(例)

佐藤(サトウ) Sato
太郎(タロウ) Taro
陽子(ヨウコ) Yoko
庄司(ショウジ) Shoji
大塚(オオツカ) Otsuka
北大路(キタオオジ) Kitaoji

その他 ; 「ウウ」の発音になるものは、「u」一文字で表します

(例)

祐二(ユウジ) Yuji
神宮(ジングウ) Jingu
風連(フウレン) Furen

発音;ヘボン式では、「b」、「m」、「p」の前に「n」がつく場合は「m」に代える

(例)難波(Namba)、本間(Homma)、三瓶(Sampei)

促音;子音を重ねて示す

(例)服部(Hattori)、吉川 きっかわ(Kikkawa)

ただし、チ(Chi)、チャ(Cha)、チュ(Chu)、チョ(Cho)の場合に限り、前に「t」を加える。
(例)越中(Etchu)