AOSignサービス

ホーム
AOSignサービス
お知らせ
「コアシステム対応認証局接続稼動確認結果」の公表について

AOSignお知らせ
「コアシステム対応認証局接続稼動確認結果」の公表について

平成14年11月19日

電子入札コアシステム開発コンソーシアムWebサイトにて各コアシステム対応認証局の電子入札システムとの接続稼動確認結果および性能測定結果が公表されています。詳細は電子入札コアシステム開発コンソーシアムWebサイトをご覧ください。

コアシステム対応認証局接続稼動確認結果

各コアシステム対応認証局の接続稼動確認結果が掲載されています。

※掲載場所:電子入札コアシステム開発コンソーシアムWebサイトの「コアシステム対応認証局接続稼動確認結果紹介!」の「(詳細情報)」にて御覧になれます。

接続確認結果(日本電子認証)
認証局名 接続稼動試験日 試験結果
日本電子認証株式会社 平成14年9月4日 接続確認完了

コアシステム対応認証局性能測定結果

各コアシステム対応認証局の接続確認における性能測定値が掲載されています。

※掲載場所:電子入札コアシステム開発コンソーシアムWebサイトの「コアシステム対応認証局接続稼動確認結果について」画面下部の「コアシステム対応認証局の性能測定結果について」にて御覧になれます。

性能測定結果(日本電子認証)
認証局名 画面が切り替わるまでの平均時間(時間内におけるICカードによる処理時間) 性能測定日
日本電子認証株式会社 14.16秒(2.09秒) 平成14年10月28日

※上記測定結果はUSB型ICカードリーダ(SmartUSB)にて測定された数値です。

測定内容

画面が切り替わるまでの平均時間

指名競争入札における一連の受注者操作及び仮想GPKIにおける署名検証操作において、ボタンを押してからの次画面が表示するまでの平均時間。

時間内におけるICカードによる処理時間

「画面が切り替わるまでの平均時間」において、ICカードの情報から暗号化・復号等の処理を行った時間(平均時間)。

電子入札コアシステムにおける通信処理時間

上記の「画面が切り替わるまでの平均時間」と「時間内におけるICカードによる処理時間」の差分である12秒〜13秒が電子入札コアシステムにおける通信等における処理時間となります。

用語解説

コアシステム

電子入札コアシステム開発コンソーシアムにて開発される汎用性の高い電子入札システムのこと。平成15年4月以降国土交通省が運用を開始する他に、今後各府省、地方公共団体を含む発注機関に普及することが期待されている。

電子入札コアシステム開発コンソーシアム

地方公共団体等の公共発注機関への円滑な電子入札システムの導入を支援するため、(財)日本建設情報総合センター(以下 「JACIC」という)及び(財)港湾空港建設技術サービスセンター(以下 「SCOPE」という)が設立。コンソーシアムには電子入札の導入を目指す公共発注機関と、システム開発能力を有する主要ITベンダーが参加している。

コアシステム対応認証局

コアシステムに対応した入札参加企業向けICカード(電子証明書)を発行する認証局のこと。入札参加企業はICカードの購入先を複数の認証局の中から選択できる。