AOSignサービス

ホーム
AOSignサービス
お知らせ
Windows 98、Windows 98SE、Windows Meのサポート終了について

AOSignお知らせ
Windows 98、Windows 98SE、Windows Meのサポート終了について

平成19年2月7日

当社では、平成19年3月31日をもってWindows 98、Windows 98SE、Windows Me(以下、98系OSといいます)に対するサポートを終了します。ご理解とご協力をお願いいたします。

サポート終了後について

  1. サポート終了後も、引き続き98系OSでの電子入札のご利用は可能です。
  2. ただし、サポート終了後は、AOSignサービス電子入札対応プログラムのバージョンアップを行った場合、98系OSの動作保証はできなくなります。

現在98系OSをご利用のお客様へ

現在98系OSをご利用のお客様には、今後、Windows XPへの移行をお奨めします。

  1. Windows 2000でも対応可能ですが、Microsoft社のサポート期間が長いWindows XPをお奨めします。
  2. Windows Vistaの使用に関しましては、以下をご参照ください。

Windows Vistaについて

Windows Vistaは、現在、各発注機関の電子入札システムで利用できません。

  1. Windows Vistaが利用できるようになるには、個別の発注機関ごとに電子入札システムのバージョンアップが必要になります。各発注機関からの発表にご注意願います。
  2. (1)と並行してAOSignサービス電子入札対応プログラムのバージョンアップも行います。当社からの発表にもご注意願います。
  3. 1台のパソコンで複数の発注機関の電子入札を行う場合、それら全ての発注機関でWindows Vistaに対応可能となっていることが必要です。ご注意願います。