AOSignサービス

ホーム
AOSignサービス
お知らせ
福岡市電子調達システムをご利用の方へ

AOSignお知らせ
福岡市電子調達システムをご利用の方へ

平成20年4月1日

平成20年4月1日より福岡市電子調達システムのJavaポリシーが変更となりますので、以下を参照いただき、新たにJavaポリシーの更新登録を行ってください。

はじめに、ご使用のパソコンにインストールされている「NDNプログラム定期更新ツール」([スタート]-[すべてのプログラム]-[NDN日本電子認証]-[NDNプログラム定期更新ツール]をクリック)のバージョンをご確認ください。

*

NDNプログラム定期更新ツール
Ver2.0Xの場合

Javaポリシーの追加手順は以下の通りです。

  1. デスクトップ上の「Javaポリシー設定ツール」のショートカットをダブルクリックするか、もしくはデスクトップの[スタート]-[すべてのプログラム]-[NDN日本電子認証]-[NDNプログラム定期更新ツール]をクリックし「Javaポリシー設定」ボタン(上図参照)をクリックする。
  2. 「以下の設定済み発注機関の情報に変更があります」のメッセージが出ますので「福岡市」が掲載されていることを確認し、「OK」ボタンをクリックする。
  3. 発注機関の情報更新に成功した内容のメッセージを確認し「OK」ボタンをクリックする。
  4. Javaポリシー設定ツールの画面を閉じる。

NDNプログラム定期更新ツール
Ver1.10の場合

平成20年3月27日にJavaポリシー設定ツールをバージョンアップ致しました。

新「Javaポリシー設定ツール」は「NDNプログラム定期更新ツール」の自動更新機能により、平成20年3月27日以降、順次自動バージョンアップされます(バージョンアップの更新日はお客様によって異なりますのであらかじめご了承願います)。

お手数ですがNDNプログラム定期更新ツールをVer2.0Xに手動更新し、上記「NDNプログラム定期更新ツールVer2.0Xの場合」の手順を行ってください。(手動更新はAOSignサービス取扱説明書(日常運用編)P.7参照)