AOSignサービス

ホーム
AOSignサービス
お知らせ
サポート対象バージョンのJavaへ入れ替える手順について

AOSignお知らせ
サポート対象バージョンのJavaへ入れ替える手順について

平成28年9月16日

電子入札システム等でサポート対象バージョンのJavaへ入れ替える場合は、下記手順書をご参考に全てのバージョンのJavaをアンインストール後、再度「当社」および「発注機関」双方でサポートしているJavaの再インストールを行ってください。


JRE7Update15/JRE8Update25へ入れ替える場合

サポート対象バージョンのJavaへ入れ替える手順について[JRE7Update15][JRE8Update25]編(PDF)


JRE7Update45/JRE8Update65/JRE8Update71へ入れ替える場合

サポート対象バージョンのJavaへ入れ替える手順について[JRE7Update45][JRE8Update65][JRE8Update71]編(PDF)



Javaの再インストール後、発注機関の電子入札システムや当社のICカード動作確認ページで下図のポップアップが表示された場合、該当するページをブラウザの「信頼済みサイト」へ登録していただく必要があります。

登録手順や登録するURLは利用先の発注機関へお問い合わせください。


*

※システムが正常に動作しなくなる恐れがあるため、『更新(U)』ボタンは押さないでください。